【紹介と評価】地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR(PS4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR

「地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR」とは、ディースリー・パブリッシャーより2015年にリリースされたPS4用ゲームソフトのこと。PS3およびXbox360で発売された「地球防衛軍4」のアップグレード版となります。2025年の近未来世界における、地球外生命体と地球防衛軍(人類)の攻防を描いたシューティングアクションです。

地球防衛軍4.1はこんなゲーム

地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR

画像引用:地球防衛軍4.1公式サイトhttps://www.d3p.co.jp/edf4.1/

シリーズ中の位置づけ

●簡単に言うと‥
PS2の「SIMPLE2000」シリーズのひとつとして発売された「THE 地球防衛軍」の4作目です。UFOや巨大生物といった宇宙からの侵略者の攻撃を、地球防衛軍の一員であるプレイヤーがシューティングアクションを行って撃退するという明快な設定が人気。前作(地球防衛軍3)よりシンプルシリーズから離れ独立したタイトルとなりました。

●ストーリー
ストーリー上の位置づけとしては、実質的に地球防衛軍2のリメイクとなります。
舞台は前回の戦争(地球防衛軍1または3)から8年後の2025年。制圧したかに見えた宇宙の巨大生物は地底で静かに繁殖をすすめ、再び人類の脅威となって地上に現れます。プレイヤーは特殊部隊「EDF」の一員となってこれに対抗します。

ゲームシステム

TPS(サードパースンシューティング)視点のアクションゲームです。プレイヤーは最適な兵科や車両・戦闘機・ロボットなどを選択し、およそ100種類のミッションで構成されるステージを戦います。

●兵科
プレイヤーは、レンジャー(回避や指揮に優れる歩兵)、ウイングダイバー(飛行用ウイングと超兵器を装着する降下翼兵)、エアレイダー(多彩な搭乗兵器を操る空爆誘導兵)、フェンサー(パワーフレームとアーマーを装着する巨大二刀装甲兵)という4兵科のいずれかを選んで戦場に向かいます。所属する特殊遊撃チーム=ストームは4兵科の混合チームで、プレイヤーはその隊長です。

EDF4との違い、4.1の追加要素
“4”のアップグレード版となる「地球防衛軍4.1 」では、ミッションの約半数が大幅にリニューアルされています(マップ、イベント、敵味方の配置等)。また味方「巨大ロボ」の出現、新種の敵、地底マップにおける暗闇探索などが主だった変更要素です。ロード時間やデータ処理面においても大きく改善しています。

地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR

基本情報 「地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR」
◇ 公式サイト : http://www.ubisoft.co.jp/wd2/index.html
◇ メーカー : ディースリー・パブリッシャー
◇ ジャンル : アクションゲーム(TPS)
◇ 発売日 : 2015年4月2日
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する
地球防衛軍4.1の画像を検索する

地球防衛軍4.1 のユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初に地球防衛軍4.1 の高評価を集約します。

<ゲーム全般の評価>
・段階的に5つの難易度が存在し(イージー、ノーマル、ハード、ベリーハード、インフェルノ)、シンプルゆえに誰でも楽しめるシューティングゲームです。敵の数が多いため、難易度を下げると爽快感があり、また高難易度ではレアな武器が入手できるという具合にバランスが秀逸。シンプルゆえに飽きが来づらいことが特徴的です。好意的な意味で「バカゲー」と評されることもあり、中毒性があります。虫をモチーフにした生命体が数多く登場するため意外と恐怖を感じることもあります。

<4と4.1の比較>
・敵がワラワラと登場するためシリーズを通じて処理落ちが気になる地球防衛軍ですが、4でかなり改善し、4.1ではほぼ気にならないレベルまで進化しています。ロード時間もかなり短縮されましたので、もともと1ステージ10分程度のライトなゲームをより手軽にプレイすることが出来ます。
・内容としても、各ステージのマップや敵の配置が大幅に変更されていますので、4をプレイ済のユーザーにも4.1をお勧めできます。一部理不尽な敵(クモ)が改善されています。

賛否が分かれる評価要素

以下、地球防衛軍4.1 の賛否が分かれた項目を集約します。

<主な否定的要素>
・ゲーム内容としては、「ドロップアイテムを回収しに行く手間」に関するコメントが多数聞かれました。キャラクター強化のために武器等のアイテムを敵から奪取する必要がありますが、広い戦場ですべてを回収すると思いのほか時間がかかり、また目当てのものが簡単に落ちなかったり重複が多いため徒労感を感じるユーザーもいるようです。

・4.1になってデータ処理面などで大きく向上しているもののベースのゲーム構成はシンプルシリーズ時代を踏襲していますので、一部従来のユーザーにとってはフルプライスだとやや割高な印象を持ったという声も聞かれました。ストーリーや台詞回し等は簡素(シンプル)ですので、それを「手軽さ」と感じるか「物足りなさ」を感じるかは人によります。

地球防衛軍4.1 のゲーム紹介動画

◆公式動画

D3 PUBLISHER official channel(メーカー公式youtubeアカウント)が配信する、「『地球防衛軍4.1』プレイムービー」。数多くのステージが迫力満点で紹介されています。

youtubeサイト : https://youtu.be/UrcNLJN8IEU

編集部後記、こぼれ話

地球防衛軍4.1は、amazonレビューや楽天販売店レビューなどで評価が高い秀作です(4.1~4.4点/5.0点満点)。ステージ数も多く、シンプルで長く楽しめる点が好感され親しまれています。今年(2017年)の夏には完全新作となる「地球防衛軍5」の発売が予定され、すでにプロモーションムービーがyoutubeなどで公開されており、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

要するにどんなゲームか

TPS(主人公の真後ろから見る視点)のシューティングアクション。地球外生命体から人類を守ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメントを残す

*