【紹介と評価】討鬼伝2(PSVita)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
討鬼伝2

「討鬼伝2」とは、2014年にコーエーテクモゲームスよりリリースされたアクションゲームソフトです(本頁ではPSVita版についての内容紹介と評価を記載)。日本が舞台のハンティングアクションとして人気を博した「討鬼伝」の正統な続編。日本史上の人物を模したアイテムが登場します。フィールドが一枚マップで繋がるオープンワールドが討鬼伝2の最大の特徴です。

討鬼伝2はこんなゲーム

討鬼伝2 PSVita

画像引用:討鬼伝2 PSVita公式サイトhttps://www.gamecity.ne.jp/toukiden/toukiden2/index.html

概要

●鬼と人間の抗争を描いた、和風ハンティングアクションゲームです。

●マホロバの里(拠点)に流れ着いた記憶喪失の「モノノフ」が主人公。

●拠点から戦場までが一枚マップでつながるオープンワールド形式です。RPGのように自由に歩き、徐々に活動範囲を広げながら巨大な鬼と対峙します。

●ストーリーはプロローグ+七章で構成。延べ30以上のストーリークエスト(使命)が存在し、達成することで物語が進行します。

●ストーリークエストとは別に、通常任務・集団任務・遺跡探索といった100以上のクエストが存在します。自由探索や素材集め等に利用するもので、ストーリークリアの必須条件ではありませんがキャラクターの強化に役立ちます。

武器とミタマ

●ミタマとは、聖徳太子、織田信長、近藤勇といった日本史上の偉人達の魂のこと。武具に装着することで特別な能力を得ることが出来ます。

●攻、防、迅、癒といったアビリティは、ミタマが持つパッシブスキルとしてプレイヤーをサポートします。タマフリは、ミタマの力を借りて発動する必殺技です。

●ミタマは、鬼を倒すと確率でドロップします。一部の特別なミタマはイベント達成で入手します。

●討鬼伝2においては、ミタマは熟練度によりスキルを習得し、レベルアップします。繰り返し戦闘を行いミタマを成長させることでゲームを優位に進めることが出来ます。

討鬼伝2

基本情報 「討鬼伝2」
◇ 公式サイト : https://www.gamecity.ne.jp/toukiden/toukiden2/index.html
◇ メーカー : コーエーテクモゲームス
◇ ジャンル : ハンティングアクション CERO:C(15才以上対象)
◇ 発売日 : 2016年7月28日
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する
討鬼伝2の画像を検索する

討鬼伝2(PSVita)のユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初に「討鬼伝2」(PSVita版)の高評価を集約します。

<ゲーム全般の評価>
ゴッドイーターと並ぶ、PSVitaの代表的なハンティングアクションゲームシリーズです。ミタマなどのアイテムも日本史と関連するため収集意欲が一層高められるもので、コレクションを目的に繰り返しクエストに挑む楽しみがあります。全般的にアクションの難易度は易しめで爽快感があります(前作比較/アップデートにより難易度変更も可能となりました)。大型の鬼も10分程度で攻略できますのでサクサク進みます。

<新要素の評価>
狩りゲーム+オープンワールドという初の試み。所々に、ロード時間がやや長かったりフィールドのワープ地点が最適と言えなかったり、登山・下山が若干億劫だったりという不満のコメントが無いわけではありませんが、それらを差し引いても新ジャンルのゲーム性が新鮮で面白く、評価は概ね上々です。ミタマなどのシステム面は前作(討鬼伝1)からさらにブラッシュアップされ、遊びやすい設計と言えます。

<その他>
キャラメイク(エディット)がきめ細かくなり、愛着を持てます。キャラクターたちの人物描写についても好感されています。

賛否が分かれる評価要素

以下、「討鬼伝2」(PSVita版)の賛否が分かれた項目を集約します。

<スペック面>
据え置き機版と比較されるためか、一部の動作が重く感じられたり、画質が荒いなどの感想も聞かれます(PS4・PS3版とクロスセーブ対応です)。一方で携帯機としては充分納得できるという擁護も出ています。一部のバグについてはアップデートによる改善が期待されます。

<マップについて>
矢印で示された方向へ向かうと行き止まりのため回り道を要する、という状況が頻出するために道に迷うことがあります。方向性として、「美しい和の風景を気ままに散歩する」イメージよりも「冒険感」が強いオープンワールドです。

討鬼伝2のゲーム紹介動画

◆プロモーションムービー

コーエーテクモChannel(メーカー公式youtubeアカウント)で公開している「PV第一弾公開『討鬼伝2』7月28日発売予定」というタイトルのプロモーション動画です。巨大な鬼を討伐する、迫力あるアクションが魅力です。

youtubeサイト : https://youtu.be/c4zfmlJh7pg

 

◆プレイ実況動画

youtubeアカウント Belleさ んによる「#01【新たな舞台】「討鬼伝2」実況プレイ ちょっとおもしろいゲーム実況」というタイトルの実況動画です。PS4での撮影環境ですがゲームの構成などを把握しやすいのではないかと思います。解説が多めで丁寧です。

youtubeサイト : https://youtu.be/a5n3jx6CxiI

編集部後記、こぼれ話

討鬼伝1討鬼伝 極に続くシリーズ3作目です。フィールドがオープンマップになったことで雰囲気が変わり、まさに「討鬼伝2」という新しいゲームジャンルが誕生した様相です。売上が初週から10万本を超えるなど、PSVitaとしてもかなり好調のスタートとなりました。コーエーテクモはもともと無双シリーズを手掛けるメーカーですので、アクションの爽快感も折り紙つきです。

要するにどんなゲームか

コーエー制作の、オープンワールド和風ハンティングアクションです。

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメント

  1. 狩りゲー好き より:

    遠距離武器だと敵視が異常におかしくなるクソゲー。
    自分の部位が破壊されまくりなのに敵視を振らない。
    天狐の主人公強化に反応して、スキル発動中延々と追いかけて来る馬鹿ゲーw
    ムービーの主人公の存在感がまったくないアホゲー。

  2. 狩りゲー好き より:

    3が出るらしいと言われてるのでやったが、狩りゲー語ったクソゲーw
    コーエーに狩りゲーは無理だなw

コメントを残す

*