【紹介と評価】ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち(3DS)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラゴンクエスト7 3DS

ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たちとは、2013年にスクエア・エニックスよりリリースされたニンテンドー3DS用ロールプレイングゲームで、プレイステーション版ドラクエ7(2000)の13年ぶりとなる移植作品です。リメイクながら、国内だけで出荷数が125万本におよぶミリオンヒットとなりました。

主人公が仲間を集めて魔王を倒すという王道展開のRPG。物語は世界にひとつしかない小島からスタートし、プレイヤーは外の世界へ続く扉(石版)を発見し時間旅行を繰り返しながら旅路を進めていくというゲームです。やがて世界をつなぎ合わせるという壮大なストーリーは総プレイ時間が100時間にも及ぶといわれる大作で、とにかく長く冒険の世界に浸りたいという人にお勧めです。


ちなみに副題にある「エデンの戦士たち」の「エデン」とは、旧約聖書に描かれたアダムとイブが暮らした楽園を意味するそうで、インスパイアされた世界観はドラクエ7の物語にひっそりと息づいています。主なゲームの仕様は下記となっています。

 

3DS版ドラクエ7はこんなゲーム

職業、転職システム

戦士、武道家、魔法使い、僧侶といったドラクエシリーズお馴染みの「基本職」と、バトルマスター、賢者、パラディン、ゴッドハンドといった「上級職」が用意され、複数の基本職をマスターすることにより上級職へ転職することが可能となります。このほか、「モンスターの心」を入手することによって「モンスター職」に就くことが出来、モンスター職にも基本、中級、上級といった熟練度に応じた転職が用意されています。各職業にはそれぞれ魔法や特技などの必殺技が付与され、活用することで戦いを優位に進めることが出来ます。

3DS版の変更点

フィールド上の敵との遭遇がエンカウント方式からシンボルエンカウントに変更されました。相手モンスターを目視することが出来、状況によっては戦いたくない相手を回避することも可能です。またバトルシーンでのレイアウトにキャラクターの動きが加えられ、視覚的にも楽しめる内容となっています。

その他、オリジナル版で長かった最初の神殿の広さやギミック(罠)の一部がカットされるなど、遊びやすい設計へと変更が加えられています。

ドラゴンクエスト7 3DS

 

基本情報 「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち 3DS 」
◇ 公式サイト : http://www.dragonquest.jp/dq7/
◇ メーカー : スクウェア・エニックス
◇ ジャンル : RPG
◇ 発売日 : 2013年2月7日
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する

 

ドラクエ7(3DS)のユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せくださ い。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初にドラクエ7の高評価を集約します。

<ゲーム全般の評価>住民を助けながらボスの討伐を目指すという、ドラクエらしいドラクエです。明るく軽快な世界観の中にシリアスなストーリーが織り込まれます。ボリュームがあり、長く遊べる点が好きな人にはGOOD。携帯機で家族に遠慮することなく自分のペースで進められます。レベルや職業の熟練度を上げていくRPGの王道的な楽しみ方が存分に味わえます。

<リメイクとしての評価>PS版と比較すると3DS版はグラフィックがかなり綺麗になり、別ゲームといえるほどの進化をしています。音楽がオーケストラになり、3DSの立体視も綺麗に表現されています。戦闘のテンポがよくなり、またオリジナル版(PS版)でやや億劫だった石版システムに改良が加えられたり、オープニングから旅立ちまでの複雑なギミックが一部カットされるなど、全体的に好リメイクだとされています。職業により衣装の着せ替えが反映され、視覚的に楽しめるのも魅力です。

<やり込み要素>クリア後に「謎の異世界」「さらなる異世界」と、ダンジョンが続き神様や精霊との戦闘となります。その他、移民の町(住民を集めて町を発展)やモンスターパーク、すれちがい石版などがやり込み要素となります。

特に石版探しで苦労したというオリジナル版のユーザーにとっては石版のシステム変更部分が大きな加点のようです。操作性が向上した点や、オリジナル版を遊んだ当時を懐かしむ意見や感想が散見されました。

賛否が分かれる評価要素

以下に、ドラクエ7の賛否が分かれた評価を集約します。

<職業システムの仕様変更>職業を変えたら技が使えなくなる仕様(上級職で覚えた技は、転職すると使えないというゲーム上の制約)を不満とする声が聞かれます。反対に、ひとりが全ての職をマスターして全ての技を覚えてしまうより、キャラクターごとの個性が出る今回の仕様のほうが面白いという評価も出ています。

<ボリュームに対する評価>ストーリーが長すぎて途中で飽きる、お遣いが多い、最初の戦闘がはじまるまでが長い(冒険に出るまでが長い)といったPS時代から続くネガティブ評価が3DS版においても出ています。

<キャラクターの評価>ドラクエ7と9は、主人公のイラストが幼児のようで好きになれない。

クリアまでのストーリーの長さ(作品のボリューム)に対する意見は賛否が分かれました。細かなお遣い=ミッションや冒険がスタートするまでの手間暇に関しては今作で改良されており、その点を評価する声もありました。いずれにしても、早くクリアしたい人よりもじっくり腰を据えて長く楽しみたい人に向いているのだと思います。

 

ドラクエ7(3DS)のゲーム動画

◆スクウェア・エニックス(youtubeアカウント)による公式プロモーション動画

メーカーによる、1分22秒に凝縮された公式プロモーション動画は世界観~フィールド、戦闘画面と、ドラクエ7の魅力が詰まっています。(こちらの動画はyoutubeサイトでご覧ください)

https://youtu.be/CR0gw3f0fOk

 

◆youtubeアカウントhenbury氏によるプレイ動画

「[実況]3DS版ドラクエ7を19時間以内にクリア挑戦した」というタイムアタック動画の1本目(未プレイの方はネタバレにご注意ください)。プレイ実況だけでなく雑談解説も面白いですのでお勧めです。https://www.youtube.com/watch?v=DBS7gEZePgE

 

 

編集部後記、こぼれ話

ドラクエ7のオリジナル版(PS版)が発売されたのが2000年。あまり昔のゲームという印象がない為に、数字をみて驚きます。当時子どもだった人でも16年経った現在(2016年1月記述)ではもう立派な大人ですね。家族が出来たり、忙しくなかなか落ち着いてゲームに興ずる時間がないような人でも、携帯ゲーム機に移植されサクッと遊べるようになったのは嬉しい限りじゃないでしょうか。

そんなノスタルジーを感じなくとも、“今目線”で充分に遊び応えのあるゲームかと思います。3DSのドラクエシリーズは、ナンバリングタイトルとしては今作の他に「ドラクエ8」(リメイク)、「ドラクエ10オンライン」(新作)が発売されています。

要するにどんなゲームか

ドラクエ中期の集大成で、とにかく長く遊べます。石版集めと転職が特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメントを残す

*