【紹介と評価】どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(3DS)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー

「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー 」とは、2015年に任天堂よりリリースされたニンテンドー3DS用ゲームソフトです。箱庭スローライフゲームとして人気を博しているどうぶつの森シリーズのスピンオフ的な位置づけとして制作されたハッピーホームデザイナーは、ぶつ森の世界観を踏襲しつつ、どうぶつ達の住まい作りに特化した「ホームデザイン」というジャンルのゲームとなります。可愛いキャラクターたちと部屋づくりのクリエイティブ性が受け、国内だけで約150万本を売り上げるミリオンヒットとなりました。

「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー 」はこんなゲーム

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー

画像引用:どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー公式サイトhttps://www.nintendo.co.jp/3ds/edhj/index.html

ハッピーホームデザイナーの世界

●ニュータウンの不動産会社「たぬきハウジング」に入社したプレイヤー(あなた)は、ホームデザイナーとして訪れるどうぶつたち(住民)の住まいの相談にのります。

●新たに居住するどうぶつたちのために土地を提案し、家を建てインテリアを配置します。家やインテリアのパーツは膨大なカタログの中から選択でき、レイアウトはタッチペンを使った簡単操作で可能です。

●洋風、和風、いろいろな選択肢の中から、たとえば本が好きな住民には図書館のような部屋を提案するなど、プレイヤーのセンス次第で素敵な住まいが完成します。

●ホームタウンの開発が進むと住民が増え、公共施設の建設などつぎつぎに仕事が舞い込んできます。施設できる土地は町中の平地のほか、庭のある土地、南の島、お堀、ゲレンデ風など見た目にも楽しいものが多く、世界全体がおもちゃ箱のような、「ちょっと凝った大人の人形遊び」のようなイメージのゲームです。

やり込み(amiiboカードとツクッター)

●ハピ森の住民(どうぶつ)の数は300体以上。家や家具の種類も豊富で充実した内容となっていますが、さらに楽しみたい人向けに別売でamiiboカード=追加コンテンツが販売されています(3枚セット324円/2016年7月執筆現在)。カードを3DS機に読み込ませることで、新しい住民と家具、新規のお仕事依頼が入手できます。

外部リンク : どうぶつの森amiiboカード (任天堂公式サイト)

●もうひとつのやり込み要素として、任天堂が配信する「ツクッター」(無料)をダウンロードすると、自分の作品を投稿したり、他人が手掛けたデザインを見学することが出来ます(ハッピーホームデザイナー専用の交流サービスです)。月に一度開催されるコンテストでは、全国のユーザーが同じテーマで施設を作り、ユーザー同士の評価により優秀作品を選出します。コンテストは2017年5月まで開催される予定です。

外部リンク : ツクッターで投稿・見学・コンテスト (任天堂公式サイト)

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー

基本情報 「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー 」
◇ 公式サイト : https://www.nintendo.co.jp/3ds/edhj/index.html
◇ メーカー : 任天堂
◇ ジャンル : ホームデザインゲーム
◇ 発売日 : 2015年7月30日
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する
ハピ森の画像を検索する

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーのユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初に、どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(3DS)の高評価を集約します。

<ゲーム全般の評価>
とびだせどうぶつの森などの本編とは違った、どうぶつ達の家づくりとインテリアデザイン(レイアウト)に特化したゲームです。住民たちからの「こんな家が欲しい」という要望に応えます。依頼の数は約300種類。すべてのどうぶつたちのホームデザインを完了するとゲームクリアという一応の達成条件はありますが、クリア後もリフォームを行ったり気に入ったキャラクターの家を豪華にしてみたり、プレイヤーの気が済むまで延々と遊ぶことができます。他のどうぶつの森シリーズにみられるようなお金の制約もなく、思う存分デザインに没頭することができるという知的なゲームです。やることはマインクラフトにやや近く、大人向けのシルバニアファミリーともいえます。自分が手掛けた家や公共施設は住民が住みつき、遊びに行って記念撮影をすることも可能です。シリーズ同様、四季があり自然の移り変わりを楽しむこともできます。

賛否が分かれる評価要素

以下、どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーの賛否が分かれた項目を集約します。

<家具の解放条件>
家具の種類がとにかく豊富なハッピーホームデザイナーですが、住民からの依頼を達成するごとに使用できる家具が解放される(使える家具の種類が増える)仕様のため、ゲーム序盤においては不足感があり、不満を感じる声が一部より出ています。

<評価について>
仕上がったインテリアデザインについて、このゲームはあくまで自己満足を追求するものでゲーム上の評価(色を揃えたら加点等)が存在しないため、若干の物足りなさを感じる声が聞かれています(自分が作ったデザインに評価点が与えられると遣り甲斐を持てそう、という意見)。

他サイトレビューなどを見ると、通常の「どうぶつの森」とは趣旨が違うゲームのため、知らずに購入したために困惑したという声がいくつか見られています。販売サイトなどのレビュー点数は概ね高く、シンプルながらも飽きさせない作り込まれたゲーム性が高く評価されているという状況でした。

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーのゲーム紹介動画

◆どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー 紹介映像

youtubeアカウント Nintendo 公式チャンネル(メーカ公式チャンネル)が配信する2015/07/09公開の紹介映像です。ゲームの流れが約9分にまとめられています。

youtubeサイト : https://youtu.be/zhITS39UsOU

 

◆プレイ動画

youtubeアカウント あゆなチャンネル さんによる、「【実況】どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー【Animal Crossing: Happy Home Desinger】」というタイトルのプレイ動画#1です。ゲーム開始のアバター制作からたぬき不動産入社、最初のホームデザインまでが解説付きで紹介されていますので大変参考になるかと思います。

youtubeサイト : https://youtu.be/j0p2NrpUGmY

編集部後記、こぼれ話

3DS機で発売されているどうぶつの森シリーズは、2016年7月の執筆現在は「とびだせ」と本作の2本です。合わせて500万本以上の出荷がされており、3DSの代表的なタイトルといって過言ではないと思います。ハピ森を「子供にプレゼントした」という報告を受けますが、大人が十二分に楽しめる内容です。

要するにどんなゲームか

どうぶつたちの家をひたすら創ります。大人のドールハウス遊びといった感じです。

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメントを残す

*