【紹介と評価】大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS(3DS)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大乱闘スマッシュブラザーズ3DS

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DSとは、2000年代初頭にニンテンドー64などで一世を風靡し対戦型アクションゲームで、2014年に3DS版(本作)がリリースされると国内だけで250万本が出荷されたというミリオンヒット作品です。

マリオ、ゼルダ、ポケモン、星のカービィといった任天堂の人気キャラクターを操作し、各ステージで“大乱闘”を行います(最大4人の同時プレイが可能)。通常の格闘アクションゲームと違い体力ゲージなどの概念がなく、ベーゴマをはじくように相手を吹き飛ばし場外に送り出せば勝利となるシステムで、ジャンルとしては格闘アクションとの比較として「対戦アクション」とされています。

3DS版の特徴

●上記の任天堂タイトルの他、ストリートファイターやファイナルファンタジー、パックマン、ファイヤーエンブレムなど任天堂以外のキャラクターもゲスト参戦し個性豊かな“ワザ”を競い合います。戦いの場となるステージも、トモダチコレクションやどうぶつの森、ロックマンといった人気の高いタイトル由来のステージが用意され、ゲーム業界のスターがそろい踏みといった状況です。

●キャラクターとステージの内容はwikipedia 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS頁 1.3.2 キャラクターについて に詳述されていましたのでシェアします(外部リンク)。

●「キャラ作り」モードではキャラクターの装備などをカスタマイズ出来るほか、Miiで自分の分身を作り大乱闘に参戦させることも可能です。

大乱闘スマッシュブラザーズ3DS

基本情報 「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
◇ 公式サイト : http://www.smashbros.com/jp/
◇ メーカー : 任天堂
◇ ジャンル : アクション
◇ 発売日 : 2014年9月13日
★ 人気シリーズ
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する
スマッシュブラザーズ3DSの画像を検索する / 動画を検索する

スマッシュブラザーズ3DSのユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初に、大乱闘スマッシュブラザーズ(3DS)の高評価を集約します。

<ゲーム全般の評価>ストレス発散ゲームです。綺麗に吹っ飛ばした時が気持ち良く、流石のスマブラといった具合です。キャラクターの登場数はシリーズ最高で、「自分に合ったキャラクターを探すだけでも面白い」「キャラクター性能のバランスが非常に良い」といった高評価が目立ちました。1戦あたり数分程度で、いつでもどこでも手軽にプレイすることが出来ます。分身となるMiiファイターも好評です。

<3DSとしての評価>据え置き機が携帯機(3DS)に代わり、友人宅へ出向かなくてもプレイできる点が本作の強みといえます。不安視されていた3DSのグラフィック、操作性、BGMは申し分なく、想像以上だとする声が聞かれました。(操作性については賛否が分かれた部分もあり、後述します)

<難易度>過去のスマブラ作と比較しCPUが強くなり、一人プレイでもやり応えがあります。一方で、友人との対戦で「一生懸命ボタンを連打すればそこそこ戦いの形になり楽しめた」という初心者からの声も聞かれます。このあたりのゲームバランスは任天堂の得意分野でしょう。

<オンライン対戦>ネット対戦の環境は、「ガチ部屋」「エンジョイ部屋」に分かれており、自分のレベルや楽しみ方に合わせられる点がGOODです。

賛否が分かれる評価要素

以下、スマブラ3DSの賛否が分かれた評価を記述します。

<操作性>スライドパッドで遊ぶときの操作性が悪い、携帯機は画面が小さいので仕方がないがキャラクターが見えづらい時がある、との意見が聞かれました。その他の操作性やグラフィック、BGMについては前述の高評価に記載しましたが、気になる方はプレイ動画等でご確認ください。

<オンライン環境>対戦者の無線環境の問題でタイムラグが発生するケースがあります(4人対戦で一番遅い回線に合わせる仕様)。またオンラインのマナー違反が指摘されます。「通報」の仕組みがあるものの、逆手にとって負けた腹いせなどで通報する人もいるらしく、これを受けると機械的に隔離部屋に入れられさらにマナーの悪いプレイヤーと対戦しなければならないという報告が出ています。他に、「大乱闘」でマナー違反者が生じた場合に、どのユーザーがそれに該当するか分からずブロックすることも出来ない等。

ネガティブな評価は特にオンラインに関するものに集中していました。マナーに関しては本作にかぎらずゲーム業界全体の課題と言えますし、日本国内だけでなく、世界的に人気のタイトルですので(世界で800万本売上)ユーザーの数が多く問題をより困難にしているのかもしれません。
尚、ゲーム内容そのものの評価については、ほとんど不満は聞かれず好評でした。

 

スマッシュブラザーズ3DSのゲーム紹介動画

◆大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS 紹介映像

Nintendo 公式チャンネル(youtubeアカウント)による公式ゲーム紹介動画です。基本的な対戦システムからステージ、アイテム、フィールドアクション(4人で遊べる探索アクション)、Miiによるキャラクター作成などスマブラ3DSの仕様が網羅的に紹介されています。

◆プレイ動画

youtubeアカウント レトルト さんによる、「毎日楽しむ『スマブラ 3DS』実況プレイ」というプレイ実況動画の#1です。初見プレイとのことで、ゲームモードの紹介も行われています。

下はyoutubeアカウント だいだら実況局 In YouTube さんによる実況動画。「【ガチ部屋バトル】3DS大乱闘スマッシュブラザーズ【実況】part67 」というタイトルで、オンラインでの上級者プレイが視聴出来ます。

 

編集部後記、こぼれ話

様々なゲームキャラクターが一堂に会するというコンセプトは、昔のファミコンジャンプを想起するユーザーもいるのではないでしょうか。スマブラへの登場がきっかけで元となったソフトの売上に繋がったというケースもあるようです。

世界中で人気のタイトルです。先日放送された外国人に訪日目的をインタビューするテレビ番組で、「北欧からわざわざスマッシュブラザーズを対戦するために来日した」という“ツワモノ”が紹介され、大変印象的でした。

要するにどんなゲームか

スカッと爽快な対戦アクションゲームです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメント

コメントを残す

*