【紹介と評価】喧嘩番長6~ソウル&ブラッド~(3DS)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喧嘩番長6とは、2015年にスパイク・チュンソフトより発売された“ツッパリアクションアドベンチャーゲーム”です。正式名称は「喧嘩番長6〜ソウル&ブラッド〜」。

朝比奈大吾という主人公(名前は変えられます)を操作して、喧嘩を繰り返しながら不良の世界の番長を目指す、というシンプルなゲームですが、シリーズの中でもコアなファンからは「神ゲー(ム)」との声が上がるほどの評判で、当編集部としてもお勧めします。

喧嘩番長6はこんなゲーム

喧嘩番長6

画像引用:喧嘩番長6公式サイトhttp://www.kenkabancho.com/bancho06/

●高校1年の入学式から物語がスタートし、球技際や修学旅行などを経て卒業するまでの3年間をプレイします。

●高校の内外に敵の不良がいますので、喧嘩アクションを行いながらレベル(男の器)を上げて、最終的に地域の「番長」となることが目的です。

●店で買い物をしたり洋服や髪型の着せ替えをしたり、途中で手に入れる「アジト」のインテリアを作り込んだりと、操作の自由度が高いことがシリーズを通じた喧嘩番長の特徴です。物語中に寄り道し、トランプなどのミニゲームで遊ぶことも可能です。

喧嘩番長6

基本情報 「喧嘩番長6〜ソウル&ブラッド〜」
◇ 公式サイト: http://www.kenkabancho.com/bancho06/
◇ メーカー:スパイク・チュンソフト
◇ ジャンル:アクションアドベンチャー
◇ 発売日:2015年1月15日
★ 編集部オススメ
喧嘩番長6の画像を検索する / 動画を検索する
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する

喧嘩番長6のユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初に、喧嘩番長6の主だった高評価をご紹介します。

<作品全般の評価>
昭和の不良漫画のような重厚ストーリー。笑いあり涙あり、シリーズ最高傑作という声も出ています。バトルに爽快感があり、ビシ、バシという効果音をあえて文字で描く演出も軽快で〇。敵の数が多く一般の人にも喧嘩を売ることが出来ますので、相手が尽きることがなくレベル上げに夢中になります。髪型や服装が豊富に揃えられており、ジャケットの開閉やロールアップなどのディテールも調整することができます。

<ミニゲームの評価>
喧嘩番長6では、テニス、バレーボール、ビーチバレー、魚釣り、サーフィン、大富豪、ポーカー、麻雀といったミニゲームで遊ぶことが出来ます。ミニゲームのクオリティの高さが喧嘩番長シリーズの特長で、今作としてはバレーボールと麻雀が編集部で人気でした。

<やり込み>
2週目のスタート時点でほぼ全ての要素(手に入れた校章、洋服、ダチの電話番号等)を引き継ぐことが出来ます。喧嘩の特定条件を満たしたり、アイテム収集やミニゲームの勝利回数によって「伝説」を達成することになり、100以上の伝説を埋めていくことが2週目以降の目標となります。

<その他>
ヒロインが可愛い。通行人をナンパすることも出来ます(ただ連れて歩くだけですが地味にハマります)。

概ね好評でした。次にまとめるネガティブなニュアンスを含んだコメントも、同じユーザーから「高評価」に付随してコメントされるケースが多く全般としては満足されている状況かと思います。

賛否が分かれる評価要素

以下、喧嘩番長6の賛否が分かれた評価を記述します。

<過去作との比較>
「次のミッション」が示されていてクリアしないと時間が経過しないため、ストーリーの進行が前作と比較して自由とはいえないという指摘が出ています。また比較的ギャグ要素が減り、シリアスになったという指摘に関しても、コメント者が否定的なニュアンスだったためこちらに記載します。他に、マップが継ぎはぎになっている印象(シームレスでない)ため、狭いということではないが限りなく広いということでもないというコメントも聞かれました。

<環境面の評価>
特定のシチュエーションのカメラワークに対する意見がでています(壁際に追い詰められると自分がどこにいるのか分からない等)。快適グッズ(アジトのインテリア)を持っている間に走れないので、運ぶのに時間がかかるという声も。またバグやフリーズの報告が一部から上がっています。こまめにセーブしましょう。
※アップデートにより修正されている部分も多いですので、購入検討の方はアップデート情報をご覧ください。

<麻雀について>
ミニゲームの麻雀はルールさえ知らないので伝説(サブミッション)の全制覇が出来ないという意見も。

操作、仕様に関する評価コメントがいくつ上がりました。気になるバグについては、「自分は経験していない」というコメントが多数ありますので頻度までは正確なところを把握できませんが、主にNEWLL端末で報告があがっている状況です。いずれにしてもこまめにセーブすることが事故回避に繋がりそうです。

喧嘩番長6(3DS)のゲーム紹介動画

◆プレイ実況動画

youtubeアカウント GENZOUゲーム実況ch さんによる「シャバイ俺が喧嘩番長6を屑プレイするべ!」というタイトルのゲーム実況。警官や通行人と喧嘩したり、現実にはあり得ないですけどゲームだとついやってしまいますよね(!) 。道を歩きながら意味もなく看板を運んでみたり、作品の自由度が伝わりやすい映像なのではないかと思います。

編集部後記、こぼれ話

喧嘩番長シリーズは2005年にPS2で1作目が発売されて以来、さまざまなプラットフォームで新作がリリースされ、3DS機としては本作(喧嘩番長6)が唯一の作品となります(2016年6月現在)。

喧嘩で相手を倒せば、次の出会い頭には「尊敬してるぜ」と声をかけてくれます。「アンタのようになりたい」とも言ってくれます。勝てば尊敬を集めるという実に単純明快な人間関係です(笑)。ゲームのように喧嘩に明け暮れた学生時代を送った人もなかなかいない筈ですが、主人公の高校3年間はどこか懐かしくも感じます。それは男子高校生がいつか妄想した第2の人生だったのかもしれません。どんどん目の前に敵が現れますので、なぎ倒してスカっとアクションを楽しみたい方にお勧めです。

要するにどんなゲームか

不良の頂点を目指すアクションゲームです。

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメント

コメントを残す

*