【紹介と評価】信長の野望・天翔記 with パワーアップキット HD Version(PSVita)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
信長の野望・天翔記

「信長の野望・天翔記」とは、1994年にコーエー(現コーエーテクモゲームス)よりリリースされた歴史シミュレーションゲームで、本頁では2015年にPSVita版として発売された「信長の野望・天翔記 with パワーアップキット HD Version」の内容紹介とユーザー評価について記載します。信長の野望シリーズとしては6作目(覇王伝の後/将星録の前)となります。

「信長の野望・天翔記」はこんなゲーム

ゲームの概要

織田信長の時代(戦国後記~安土桃山時代)を題材とした歴史シミュレーションゲームです。プレイヤーは全国マップの中から戦国大名を任意に選択し、内政や合戦を繰り返しながら天下統一を目指します。

天翔記の主な特徴は以下のとおりです。

◆シナリオ(ゲームの開始年)…信長の誕生(1534)、信長元服(1546)、桶狭間の合戦(1560)、信長包囲網(1571)、本能寺の変(1582)、関ヶ原前夜(1599)

◆ターン…1年を春夏秋冬の3か月ごとに区切ったターン制。支城ごとに命令を行うのではなく、軍団長に「行動力」(数値)がターンごとに与えられます。軍団長は行動力の許す範囲において、所属する武将に対し内政や外交、戦争の指示を行います。初期では大名自身が軍団長を務めますが、支配範囲が広がると命令を下すための行動力が足りず、必然的に複数の軍団を組織して攻略を行うことになります。

◆身分…武将たちは内政や戦争で手に入れる勲功により、足軽頭→侍大将→部将→家老→宿老と身分が上がります。位が高いほど多くの兵を率いることができます。

◆戦争…HEX戦(武将がマス目を移動する形式)で行います。戦場の範囲が広く、最大9城が戦争に関与する乱戦になることもあります。他国同士の戦争が自分の支城範囲に及ぶこともあり、その場合は攻勢、守勢、中立、不戦のいずれかの立場を選択します。

パワーアップキットとPSVita版要素

パワーアップキット(PK)とは、武将の編集や設定を変更できる機能を持つバージョンです。通常版(無印)と比較して、登場武将数が1300人以上と大幅に増えていることも特徴的です。

本作は天翔記のリメイクではなく、グラフィックや武将のイラストが一新した「リマスター」版です。

信長の野望・天翔記

基本情報 「信長の野望・天翔記」
◇ 公式サイト : https://www.gamecity.ne.jp/tenshouki/hd/
◇ 発売元 : コーエーテクモゲームス
◇ ジャンル : 歴史シミュレーションゲーム
◇ 発売日 : 2015年11月12日
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する
信長の野望・天翔記の画像を検索する

ユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

<ゲーム全般の評価>シリーズ中期の名作(リメイク)です。最近の信長の野望と比較してシンプル設計かつCPUが好戦的なためゲームとしての軽快さがあり、一方で武将数や家宝、官位などのシステム周りは充実しているため「いいとこ取り」の印象。オリジナルのPC版とほぼ同一内容ながらリマスター版としてグラフィックが向上していますので今目線で見てもどっぷりと楽しめるクオリティだと評価されます。

<軍団制への評価>天翔記のとくに売りとなっている部分が「軍団制」です。各城主に指示を出す煩わしさから解放されます。また羽柴軍団は中国方面、明智軍団は近畿、柴田軍団は北陸、滝川は関東、といった具合に史実に近い演出を自分で作り出すことが可能。ドラマチックな展開を楽しむことができます。

<教育システム>武将の各能力の最大値は200です。初登場時は(とくに若い武将が)能力が低く抑えられ、内政や戦争で活躍するごとに上昇します(武将ごとに個別の上限アリ/家宝を与えて上限を超えることも可能)。思い入れのある武将を育て上げるする楽しみがあり、育成ゲーム好きにはとくに嬉しい仕様です。

<賛否が分かれた評価>敵が好戦的なこともあり、内政よりも戦争に重きを置いた信長の野望です。箱庭内政が好きな人は烈風伝や天下創世がおすすめです。またPC版を携帯機に移植したためか、一部の文字が小さく見えづらいという指摘も聞かれました。

「信長の野望・天翔記」紹介動画

◆youtubeアカウント まこなこチャンネル さんが配信する、「信長の野望 天翔記 with パワーアップキット HD Version 簡単説明動画」というタイトルのプレイ動画です。環境設定画面から訂正に説明をされていますので未購入の方は大変参考になるかと思います。

youtubeサイト : https://youtu.be/E8uf1dLfS4E

 

◆youtubeアカウント tyan hige さんが配信する、「信長の野望 天翔記withPK 武田勝頼1 (HDver ) 本能寺の変」というプレイ動画。本能寺の変シナリオ(1582)で武田家でプレイしています。

youtubeサイト : https://youtu.be/ZxqojjoCen0

編集部後記、こぼれ話

楽曲も印象的な天翔記は、シリーズで長く楽曲を担当した菅野よう子氏による最後の“信長の野望”だそうです(戦略画面のBGMをCMで耳にし、懐かしく感じた方も多いのではないでしょうか)。天翔記オリジナル版の発売から20余年が過ぎた現在でも色あせず、何度も楽しめる作品です。

PSVitaで発売された信長の野望シリーズとしては、本作のほかに「天道withPK」(2012)、「創造」(2015)、「創造 戦国立志伝」(2016)が既にリリースされています。

要するにどんなゲームか

軍団制と育成に特徴を持つ信長の野望です。CPUが好戦的。

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメントを残す

*