【紹介と評価】ゴッドイーター2(PSVita)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴッドイーター2 PSVITA

ゴッドイーター2とは、バンダイナムコエンターテインメントより2013年にリリースされたPlayStation Vita用のハンティングアクションゲームソフトで、累計売上本数が70万本を超えたPSVitaの中でも屈指のヒット作品です(※2016年4月現在)。日本ゲーム大賞2013フューチャー部門賞を受賞。

ゲームの舞台は西暦2074年の近未来世界。変異細胞により増殖したモンスターのような生命体「アラガミ」たちが人類の生活圏を脅かす中、アラガミに対抗しうる神機(兵器)を手にしたプレイヤーは特殊部隊「ゴッドイーター」に参加し、戦場を駆け巡ります。

ゴッドイーター2はこんなゲーム

ゴッドイーター2 PSVITA

画像引用:ゴッドイーター2公式サイトhttp://www.godeater.jp/ge2/index.html

プレイヤーは、拠点となる「ターミナル」で装備やアイテムの変更と強化合成、戦場で必要な「チーム編成」などを行い、ミッションを受注した上でアラガミ討伐に挑みます。アクションでは属性が割り当てられた様々な武器を使い分けるほか、チームの連携や必殺技がキー要素となります。

その他、主だったゲームの特長は下記となります。

●メインストーリーとキャラクターエピソード

ゴッドイーター2はメインストーリーとキャラクターエピソードで構成されています。物語の核心は「メインストーリー」に沿って進行し、主人公のステータスアップを行います。多彩な仲間たちの背景を描いた「キャラクターエピソード」では仲間キャラクターのステータスアップを行うことが出来ます。中には成長により戦闘中の行動AIパターンが変化する仲間もあり、メインストーリーにおいても強力にプレイヤーをサポートします。

●キャラクターエントリー

ゲームを開始すると、最初にプレイヤーが操作するキャラクターの登録を行います。エントリーでは名前、性別、スキンカラー、フェイス、ヘアカラー、ボイスなどを設定します。

●マルチプレイ

ゴッドイーター2では、通信機能を利用し友達と遊ぶローカルプレイのほか、インターネット接続を利用したオンラインプレイに対応しています(要アップデートVer.1.40以上)。また、PSVITA版とPSP版ゴッドイーター2によるマルチプレイも可能です。

ゴッドイーター2 PSVITA

基本情報 「ゴッドイーター2」 PSVita
◇ 公式サイト : http://www.godeater.jp/ge2/index.html
◇ メーカー : バンダイナムコエンターテインメント
◇ ジャンル : アクション CERO:C(15才以上対象)
◇ 発売日 : 2013年11月14日
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する
ゴッドイーター2(PSVITA)の画像を検索する

ゴッドイーター2(PSVita)のユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初に「ゴッドイーター2」の高評価を集約します。

<ゲーム性への評価>
ジャンルとしては、モンハンや討鬼伝などにみられる“狩りゲーム”です。討伐アクション、素材を集め、アイテム進化がメインです。1回のクエストにかかる所要時間が1-2分、高難易度ミッションでも5分強と、ストレスがかからず手軽に遊べる点が魅力です。また同ジャンルの他ゲームと比較してストーリーが充実し、ソロプレイで遊びつくせる設計が特徴的です。

<機能面への評価>
アクション操作がサクサク動いて非常に快適という声が多いです。アクションからターミナルへ移動など待ち時間がなく、ストレス無く遊べます。

<難易度>
初期ミッションからチュートリアル的に操作を覚えながら難易度が上がるため初心者に優しい設計。同シリーズの過去作と比較しアクションが若干易しめであるとされています。アラガミ(敵)と武器の相性を考慮したり、敵の動きを覚えて攻略手順を考えたり、戦略的要素がある。

<前作との比較>
サブシナリオを含めるとソロプレイのストーリー(ボリューム)が膨大になりました。髪色やアクセサリー等、キャラメイクの要素も増えています。フィールドのグラフィックに向上がみられ、ギミックとして高低差が加わりました。(アクション面の前作比較については別意見があり後述します)

<ブラッドアーツの評価>
ブラッドアーツとは戦闘で特定の動作を繰り返すことによって解放される必殺技で、ゴッドイーター2の新要素となる部分です。難解な操作がなく、アクションも派手で爽快感あるという感想が多数上がりました。ひとつの武器に複数のブラッドアーツが割り当てられ、どちらに分岐させるかを考慮するのも楽しい。

ミッションの手軽さとアクションのスピード感、爽快感に対する高評価が目立ちました。ストーリーに関してはシリーズを通じて小説、漫画、アニメなどのメディアミックス展開がされており、キャラクターの背景やきめ細かい世界観が評価されています。

賛否が分かれる評価要素

以下、「ゴッドイーター2」の主なネガティブ評価や賛否が分かれた項目を集約します。

<作品全体としての評価>
キャラクターの印象が強く、とくにイラストの雰囲気を好きになれるかで評価が分かれるかもしれません。

<前作との比較>
ゴッドイーター バースト(PSP版/2010)と比較し、アクション面でアラガミとの乱戦が多くなったという声が上がっています。そのため前作で可能だった“敵を誘導し一体ずつ倒す”といった工夫が困難となり、戦略性は前作のほうに分があるとする意見もあります。

<ストーリー等への評価>
専門用語が散見され、不慣れな人やハマらない人にとっては距離を感じることもあるようです。用語についてはゲーム機能の用語集でフォローされています。

<その他>
女性キャラクターの一部衣装の露出が高いことに関しても賛否が分かれました。アニメ調のイラストは時代の流行が感じられ、迷う方はプレイ映像で好みを確認することをお勧めします。

「ゴッドイーター2」ゲーム紹介動画

◆PS Vita/PSP「GOD EATER 2」 店頭プロモーション映像

youtubeアカウント バンダイナムコエンターテインメント (メーカー公式)が配信しているプロモーション映像です。世界観、アクション要素、ストーリーがそれぞれ簡潔にまとめられています。

◆プレイ動画

youtubeアカウント リュウボン さんが配信する、「【リュウボン】GOD EATER 2 実況」というタイトルの実況動画の#1です。初期動作がこちらの動画で確認でき、解説も分かり易く理解できるものと思います。

編集部後記、こぼれ話

ゴッドイーターはハンティングアクション・ジャンルとしては後発となるものの、初代GEの発売以来シリーズを通じてミリオンセールスを達成するなど爆発的な人気を得ています。これまでに発売されたタイトルの構成は下記となります。

【PSP】ゴッドイーター(2010)、ゴッドイーターバースト(2010/part1の改良版)、ゴッドイーター2(2013/本作のPSP版)

【PSVita】ゴッドイーター2=本作(2013/part1の3年後を描いた正式な続編)、ゴッドイーター2 レイジバースト(2015/2を完全収録し新シナリオを追加)、ゴッドイーター リザレクション(2015/1のリメイク)

【PS4】ゴッドイーター リザレクション(同上)

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメント

コメントを残す

*