【紹介と評価】討鬼伝(PSVita)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
討鬼伝

「討鬼伝」とは、コーエーテクモゲームスより2013年にリリースされたPlayStationVita用のソフトです。モンスターハンターゴッドイーター等と並ぶ日本の代表的なハンティングアクション・シリーズとして知られ、1作目の本作(討鬼伝)は、PlayStationAwords2013ユーザーズチョイス賞、ファミ通アワード2013 優秀賞などを受賞しています。三國無双などの「無双シリーズ」を手掛けた開発チームが制作を行っており、操作性や爽快感は折り紙つきです。

舞台設定は、鬼との闘いに明け暮れる日本の時空が歪んだ架空世界。プレイヤーは鬼討伐を行う「モノノフ」となり、飛鳥時代から幕末までのさまざまなシチュエーションを探索しながらハンティングアクションを行います。

「討鬼伝」とはどんなゲームか

討鬼伝 PSVita

画像引用:討鬼伝 PSVita公式サイトhttps://www.gamecity.ne.jp/toukiden/toukiden/index.html

ゲームの流れ

●プレイヤーは、モノノフたちのベースキャンプとなる「ウタカタの里」で素材の売買や武具の強化を行います。その上で共に討伐に向かう最大4人のパーティを編成し、クエストに挑みます(ソロプレイ時はプレイヤー+3人のNPC)。

●討伐アクションでは、ただ鬼を攻撃するだけでなく、鬼の種類によっては各部位を破壊するなどの戦略的な操作が必要で、仲間とともに刀、槍、弓などの個性を使い分けながら戦う楽しみがあります。

偉人の魂を装備する「ミタマ」システム

●登場人物たちは討鬼伝オリジナルの架空キャラクターとなりますが、一方で日本史の偉人たちの魂が「ミタマ」として登場します。

●ミタマとは武器や防具に装着することで力を発揮する強化アイテムという位置づけで、登場する200以上のミタマはヤマトタケルから坂上田村麻呂、武蔵坊弁慶、木曽義仲、上杉謙信、沖田総司、清少納言、お登勢など、時代や性別を問わずまさに日本史のオールスターといった様相。歴史ファンのハートをがっちり掴みます。

マルチプレイ

●共闘する仲間はオンラインで全国のプレイヤーから募ることが出来、最大4人までのマルチプレイを行えます。また、VitaとPSPのクロスプラットフォームに対応していますので、PSP版 討鬼伝ユーザーと共闘することも可能です。

 

討鬼伝

基本情報 「討鬼伝」
◇ 公式サイト : https://www.gamecity.ne.jp/toukiden/toukiden/index.html
◇ メーカー : コーエーテクモゲームス
◇ ジャンル : ハンティングアクション CERO:C(15才以上対象)
◇ 発売日 : 2013年6月27日
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する
討鬼伝の画像を検索する

討鬼伝(PSVita)のユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載す るよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初に「討鬼伝」の高評価を集約します。

<ゲーム全般の評価>
拠点(里)で装備を整えて狩りに出かけるという、定番のハンティングアクションです。モンスターハンターの仕様に三國無双の手軽な操作と爽快感を組み合わせたイメージです。とくに操作面として、探索に必要なアイテムの下準備が簡素化されたことでよりシンプルに狩りを楽しめる点が評価されます。オフラインのソロプレイでも仲間(NPC)を連れて行けるため、一人でもオンラインで共闘する雰囲気を味わえる内容となっています。ロード時間の短さなど環境面の評価も上々でした。

<ストーリーと世界観>
ストーリーは、仲間キャラクターの背景に至るまで丁寧に描かれ、ほどよく進行に関わってくるため飽きないという声が出ています。とくにハンティングアクションにストーリーがないとモチベーションが続かないというユーザーにとっては嬉しい要素です。鬼の不気味さやフィールドの桜に至るまでのグラフィックの美しさも見どころです。

<ミタマの評価>
登場する歴史キャラクターのミタマは200種類以上と、コーエーならではの強みが生かされています。攻撃や防御、移動速度など、ミタマには様々な特殊効果が割り当てられ、強化された武器には複数のミタマを装着できますので組み合わせの創意工夫がひとつのやり込み要素となります。

<オンライン環境>
Wi-Fiを利用したオンラインプレイが可能で、世界中のユーザーと共闘することが出来ます。一度プレイした仲間キャラクターは保存されソロプレイでパーティに加えることも可能です。

オンラインストア各社のレビュー点数が非常に高い作品です。とくに、他のハンティングアクションを途中で辞めたユーザーからも高く評価されているのが印象的でした。

賛否が分かれる評価要素

以下、「討鬼伝」の賛否が分かれた評価を集約します。

<難易度>
無双シリーズのような討鬼伝説の操作感は、複雑な操作を要せず爽快感がある反面、ハンティングアクションのコアなやり込み派ユーザーにとってはやや物足りなさを感じた部分もあったようです。敵によってはHPが非常に高く攻略に時間がかかる点も気になった様子でした(同ユーザー)。

<オンライン環境>
一部より、オンライン環境がフリーズするとの報告がありました。

「討鬼伝」ゲーム紹介動画

◆『討鬼伝』 プロモーションムービー 第2弾

コーエーテクモChanne youtube公式アカウントによる、2013/5/22公開のプロモーションムービーです。世界観、キャラクター、ミタマ、人物設定、ウタカタの里と、それぞれの映像付き解説が4分強の映像でまとめられています。

◆プレイ動画

youtubeアカウント kagawa888 さんによる、「【実況】討鬼伝つぶやきプレイ」というプレイ動画のpart1です。人物設定(アバター制作)などの初期設定からの録画で購入を検討されている方は参考になるのではないかと思います。

 

編集部後記、こぼれ話

討鬼伝はPSVitaソフトの歴代売上としても上位にランクされるヒットとなり、翌年(2014)に本作の3ヶ月後を描いた「討鬼伝 極(きわみ)」が発売されました。また2016年7月には討鬼伝2の発売が予定されています。ハンティングゲームのリリースとしては後発となりますが、その分遊びやすさの追究や差別化が練り込まれ、大変な良作と言われています。

要するにどんなゲームか

和風ハンティングアクション(モンハンのようなゲーム)です。日本史上の人物がアイテムとして登場。

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメント

コメントを残す

*