【紹介と評価】ドラゴンズクラウン(PSVita)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラゴンズクラウン

「ドラゴンズクラウン 」とは2013年にアトラスよりリリースされたPSVita用のゲームソフトです。美しい2Dグラフィックスにこだわりを持つというヴァニラウェア社が開発を手掛けたアクションRPGで、中世欧州風の世界観を90年代のアーケードゲームさながらに横スクロールで展開します。最大4人の多人数参加型アクションとして、ソロではNPCとともに冒険を行い、オンラインやアドホック通信により他プレイヤーと共闘することもドラゴンズクラウンの魅力のひとつとなります。

ドラゴンズクラウンはこんなゲーム

ドラゴンズクラウン(PSVita)

画像引用:ドラゴンズクラウン(PSVita)公式サイトhttp://dragons-crown.com/#

舞台とストーリー

●ゲームの舞台は、ドラゴンズクラウン(ドラゴンの王冠)という王道的なタイトルが示すように、中世ヨーロッパ風の城や砦で囲まれた風景を進みます。クラシックなファンタジーです。

●プレイヤーは、ハイランド王国という地に集う冒険者のひとりとして迷宮に挑み、ドラゴンを操る魔力を持つ秘法=「ドラゴンズクラウン」の獲得を目指します。世界樹の迷宮などでみられるような“ゲームブック調”の語り部(ナレーション)が冒険を彩ります。

冒険

●プレイヤーは最大4人パーティーで冒険を行います(ソロプレイ時は、プレイヤー+NPC3人)。

●はじめにキャラクター選択として、ファイター(鎧をまとった戦士)、アマゾン(女部族の戦士)、ドワーフ(屈強な格闘家)、エルフ(弓使いの少女)、ソーサレス(女魔法使い)、ウィザード(魔導師の青年)の中からプレイヤーキャラクターを決定。名前やカラー等のキャラクターメイキングを行います。

●お供となる最大3名の枠は、NPC(ノンプレイヤーキャラクター)のほかPSVitaの通信機能を利用したマルチプレイが可能で、一度共闘したフレンドのプレイヤーキャラクターは「骨」として再登場し1人プレイ時においてもNPCとして以後も共闘を続けることが出来ます。

●地下迷宮、墓所、入江、森などのダンジョンは横スクロール型のアクションで展開します。お金・経験値稼ぎや武具・アイテムの収集を行い、街に戻ってキャラクターの強化を行うというハックアンドスラッシュ型ゲーム。

ドラゴンズクラウン(PSVita)

基本情報 「ドラゴンズクラウン」
◇ 公式サイト : http://dragons-crown.com/#
◇ メーカー : ディースリー・パブリッシャー
◇ ジャンル : アクションRPG CERO:C(15才以上対象)
◇ 発売日 : 2013年7月25日
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する
ドラゴンズクラウンの画像を検索する

ドラゴンズクラウン(PSVita)のユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初に「ドラゴンズクラウン」の高評価を集約します。

<ゲーム全般の評価>
ハイスペックゲーム機の普及とともに3Dアクションが隆盛となった昨今のゲーム業界において、2Dアクションをとことん追求したちょっと異彩を放つ横スクロール型のRPGです。SFC世代のゲームファンはとくに嵌る内容だと考えられ、懐かしいだけでなく絵画のように細部まで描かれたグラフィックやクラス(職業)ごとの多彩な設定とアクションは大幅な進化を遂げていることが分かります。ユーザー評価も概ね上々で、掲示板(他サイト)などでも「時間を忘れて遊べる」というコメントも見られました。

<やり込み要素>
経験値によるレベルアップだけでなく、レアアイテムのドロップや攻撃や補助の役割を持つスキルの拡張によってキャラクターを強化→さらに強力なモンスターを倒すというハックアンドスラッシュ(ハクスラ)系のゲームです。何度もダンジョンにもぐり、時にはマルチプレイで共闘しながらコツコツとキャラ成長を行うことが好きな人にはかなり長期に渡って楽しめる内容かと思われます。

賛否が分かれる評価要素

以下、「ドラゴンズクラウン」の賛否が分かれた項目を集約します。

<ボリュームについて>
ドラゴンズクラウンのソフト本体がそこそこ値が張り(新品で6500円程度)、1周クリアだけを目指すなら比較的短期間で最終ステージまで到達するためもう少しステージ数が欲しかったとの感想が聞かれました。一方で、ハクスラ系アクションゲームとしてキャラクター強化をひたすら目指す遊び方や、プレイヤーのレベルに応じて段階的に解放される高難易度設定(敵が強化され戦略バリエーションが豊富に)、別ゲームといえるほど特徴的なアクションを持つ他クラス(職業)での再挑戦など、プレイヤーの意思によって繰り返し遊べるとしてファンからは好意的に評価されています。

<グラフィックについて>
絵画のような美しいグラフィックそのものについては異論なくほとんどのユーザーから高評価とされる一方で、携帯機(PSVita)の特性上PS3版と比較してキャラクターが小さく、ワラワラと混戦になった際にキャラクターを見失うことがあるとの指摘が一部より聞かれました。

ドラゴンズクラウンのゲーム紹介動画

◆『ドラゴンズクラウン』プロモーションムービー#2

atlustube(メーカー公式youtubeアカウント)による、2013/07/12公開のプロモーション動画です。

youtubeサイト : https://youtu.be/j0K5Phibzbo

 

◆プレイ実況動画

youtubeアカウント 目軽の活動場所さ んによる「【実況】愉快に挑むドラゴンズクラウン」というタイトルの実況動画です。#1とのことですがオープニングは省略されていますので最初の街のゲーム画面からの実況です。

youtubeサイト : https://youtu.be/LPWGpR2sZKs

編集部後記、こぼれ話

ドラゴンズクラウンの開発を手掛けたのは美しいグラフィック制作に定評がある大阪のヴァニラエラ社。本作のイラストを担当した同社の神谷社長はカプコン在籍時代に同じく横スクロールアクションの「ダンジョン&ドラゴンズ」の制作にも携わり、それを極限まで発展させたものとしてドラゴンズクラウンが制作されたとのことです。PS3版と合わせ80万本を売り上げるというヒットとなり、それを受けてPlayStation Awards2013のユーザーズチョイス賞を受賞しました。

要するにどんなゲームか

横スクロールのファンタジーアクションRPGです。キャラクター強化やレベル上げが好きな人にとくにお勧め。

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメントを残す

*