【紹介と評価】イース セルセタの樹海(PSVita)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イース セルセタの樹海

「イース セルセタの樹海」とは2012年に日本ファルコムより制作・発売されたPSVitaソフトです。スーパーファミコンソフト「イースIV」のリメイクという位置づけながら、4はライセンシー他社が開発を手掛けており、ファルコムとしては自社制作の本作を「完全新作」と銘打ってリリースしています。ジャンルはアクションRPG。

イースシリーズは1980年代から続くRPGの先駆けとなった冒険譚で、なかでも今作はとりわけアクション操作に大きな進化が見られます。中世欧州を思わせる風景とファンタジーが融合した世界を舞台とし、プレイヤーは主人公=アドル・クリスティンを操作して悪と対峙します。

「イース セルセタの樹海」の特徴

イース セルセタの樹海

画像引用:イース セルセタの樹海(PSVita)公式サイトhttps://www.falcom.co.jp/ysc_psvita/index.html

物語の舞台

●街やフィールドの移動は3D視点で進行します。

●魔物が生息する樹海や山岳地帯では、草木のざわめきや水のせせらぎなどPSVitaの環境音効果がフル活用され、臨場感たっぷり。

●記憶喪失となった冒険家アドルが、ロムン帝国の支配地域の街「キャスナン」にたどりつく場面から物語は始まります。

バトルアクション

●最大3人のパーティ編成でバトルに挑みます。□ボタンで操作キャラクターをチェンジし、残りのメンバーは自動でプレイヤーをサポートする仕様(NPC)です。

●武器の種類は斬撃、打撃、射撃と、与えるダメージや攻撃範囲が異なる3タイプ。メンバーごとに異なる装備を使い分けると効率的です。

●○で攻撃、△でガード、×でステップ移動と、アクション操作は至ってシンプルながら、たとえばダメージを受ける直前にガードすると「フラッシュガード」が発動し一定時間無敵になるなどプレイヤーの技量によりさまざまな特典も用意されています。

イース セルセタの樹海

基本情報 「イース セルセタの樹海」
◇ 公式サイト : https://www.falcom.co.jp/ysc_psvita/index.html
◇ メーカー : 日本ファルコム
◇ ジャンル : アクションRPG
◇ 発売日 : 2012年9月27日
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する
イース セルセタの樹海の画像を検索する

イース セルセタの樹海(PSVita)のユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初に「イース セルセタの樹海」の高評価を集約します。

<ゲーム全般の評価>
王道RPGの世界観やストーリーを求めるユーザーにおすすめできるソフトです。長く続くシリーズ物ですが、1タイトルでストーリーが完結します。アクションのスピード感と爽快さに定評があります。とくに今作は素材を拾って武器に属性を付与するなどハンティングゲーム(モンハンetc.)的なスパイスも加わってゲーム性がより高まった印象です。BGMも良く(日本ファルコムの得意分野)、処理落ちなどのシステム面も問題なく快適に遊べます。

<難易度とボリューム>
ゲームの難易度は、イージーからナイトメアまでの4段階。無理だと感じた際には途中で難易度を落とすなどの調整が可能です(逆に初期設定より上げることはできません)。ボリュームとしては、難易度ノーマルでまっすぐクリアを目指して25時間程度と、アクションRPGとしては平均的。マップはかなり広く作られています。また後述のやり込み要素となる「トロフィー集め」の難易度は易しめに設計され、誰でも達成感を得られるような設計となっています。

<やりこみ要素>
イース-セルセタの樹海では、ストーリー本編と平行して、街の人などから受ける様々な依頼(クエスト)を解決することが求められます。中でも総督から依頼される地図の作成(プレイヤーがマップを踏破することで自動生成されます)はゲームの副題ともいえる大きな目標といえます。さらに、冒険中に特定の条件(スキルを○回使用etc.)を満たすことでトロフィーを手に入れることが出来、全52のトロフィーを入手することもやり込み要素となります。

賛否が分かれる評価要素

以下、「イース セルセタの樹海」の賛否が分かれた評価を集約します。

<グラフィックに関して>
最近の他のPSVitaのゲームはグラフィックが極めて美しく、若干物足りなさを感じるユーザーの声も聞かれました(それでもPSPよりは綺麗です)。処理落ちの心配はなくサクサク動きます。

イース セルセタの樹海のゲーム紹介動画

◆「イース セルセタの樹海」デモムービー

NihonFalcomSince1981 (メーカー公式youtubeアカウント)が配信する、2012/7/24公開のプロモーションムービーです。

youtubeサイト : https://youtu.be/NvBAnkjxOUk

 

◆プレイ動画

youtubeアカウント げぇむ実況屋もみぃ亭 さんによる、「【実況】ファル学のアドルさんがセルセタの樹海を往く」という実況動画の#1です。ゲームデータはクリア済、2周目のプレイとのことで分かり易く解説がされています。

youtubeサイト: https://youtu.be/D5imAKlY4_w

編集部後記、こぼれ話

イースシリーズは、1987年に1作目がPC88から発売されて以来、2016年6月の執筆時点まででナンバリングタイトルが7作、リメイクが4作リリースされています。PSVita版としては、本作のほかに今年夏「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」の発売が予定されています。

「セルセタの樹海」に関しては、人気のため通常版ソフトが一時14000円と価格が高騰する現象がみられましたが、「PlayStation Vita the Best」としてリパッケージ版が発売され、プレミア価格の状況もやや落ち着いた模様です。

要するにどんなゲームか

アクションRPGの金字塔となった老舗タイトルで、王道ファンタジーと爽快アクションが魅力です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメントを残す

*