【紹介と評価】ワンピース 海賊無双2(PSVita)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワンピース海賊無双2

「ワンピース 海賊無双2」とは、バンダイナムコゲームスより2013年に発売されたアクションゲームソフトで、週刊少年ジャンプ連載の人気漫画・ワンピースとコーエーテクモゲームス(本作の開発を担当)の無双シリーズがコラボして実現した作品です。本頁ではPSVita版についての紹介と評価を記載します。

無双シリーズのキャッチフレーズである「一騎当千」は今作でも健在。プレイヤーはワンピースのキャラクターを操作して戦場を自由に駆け回り、次々に迫る相手勢力をなぎ倒して勝利を目指します。

「ワンピース海賊無双2」の主なゲームの仕様

ワンピース海賊無双2 PSVita

画像引用:ワンピース海賊無双2 PSVita公式サイトhttp://www.bandaigames.channel.or.jp/list/opm/2/pc/?s

ゲームの舞台と登場キャラクター

●パイレーツログモードでは、原作とは違ったゲーム由来のオリジナルストーリーが用意されています。

●海賊無双2が制作された時期は、連載としては「頂上戦争編」が終わり2年を経て新世界に突入した時期にあたります。海賊無双2で操作できるキャラクターもそれらを反映して白髭海賊団や海軍大将、七武海、ティーチ、ローなど、主要な登場人物がふんだんに盛り込まれています。全37キャラクターと、前作より大幅に増えました。

全登場キャラクターの一覧はwikipediaにまとめられていましたのでご参照ください。→外部リンク:ワンピース海賊無双2頁 4.登場キャラクター

アクション

●ゲージを貯めることで発動する必殺技(スタイルアクション)は、敵を吹き飛ばすことが得意な「アタッカー」タイプと、スピードを活かしてコンボ数を稼ぐ「テクニカル」タイプに分類され、すべてのキャラクターはどちらか一方の必殺技を保有します。またキャラクターによっては相手を気絶させる「覇気アクション」、無敵状態となる「ロギアアクション」などの固有のスタイルを保有します。

●もうひとつの主要な要素である「仲間ゲージ」は、スタイルアクションを使用することで上昇。仲間ゲージが最大になると超必殺技ともいうべき「仲間ストライク」が発動します。仲間ストライクは無敵状態の仲間が加勢して追撃を行ったり、キャラクターによっては仲間キャラの操作が可能になるなど様々な恩恵を受けることができます。

ワンピース海賊無双2

基本情報 「ワンピース海賊無双2」
◇ 公式サイト : http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/opm/2/pc/?s
◇ メーカー : バンダイナムコゲームス
◇ ジャンル : アクション CERO:B(12才以上対象)
◇ 発売日 : 2013年3月20日
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する
ワンピース海賊無双2の画像を検索する

ワンピース海賊無双2(PSVita)のユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初に「ワンピース海賊無双2」の高評価を集約します。

<ゲーム全般の評価>
ワンピース+無双のコラボで、キャラクターゲームとしてもアクションゲームとしても完成度が高い作品です。原作同様にキャラクターの個性が反映され、武器を振り回すだけでなく、たとえば手が伸びたりロギア化したり、ビームを繰り出したりと様々なアクションが楽しめます。色々なプレイヤーキャラクターを操作する楽しみがあり、とくにファンの方は繰り返し遊べるのではないでしょうか。グラフィックや、無双として重要視される「ワラワラ感」については、PS3版ほどではないものの1000人斬りが可能で、携帯機として充分な映像処理レベルです。

<シリーズとしての比較>
前作(ワンピース海賊無双)から操作出来るキャラクター数が13→37と、大幅に増えました。各キャラクターに固有の技とシナリオがあり、成長要素がクリア後の楽しみとなります。アクションに関しても「スタイルアクション」(必殺技)が加わったことにより爽快感が増し、無双としての魅力が高まったとされています(ワンピースらしい派手なアクション)。

<ストーリーの評価>
オリジナルストーリーが好感されています。原作には無いキャラクターの絡みがあったり、「先の展開がわからずワクワクする」点がゲームとしては嬉しいポイントです。

<ボリュームなど>
22のメインストーリーと、57のキャラクターエピソードで構成されています。キャラクターの強化はベリー(ゲーム内マネー)を消費してキャラクターのレベルを上げる仕様。ベリーはステージごとの評価点に応じて得られる量が変わります。そのため、単にクリアを目指すだけでなく出来る限り高得点を狙うこともやり込み要素となります。

賛否が分かれる評価要素

以下、「ワンピース海賊無双2」の賛否が分かれた評価を集約します。

<プレイアブルキャラクター>
37人のプレイできるキャラクターのうち、新世界前のバージョンと後のバージョンで9人ずつ(計18人)を占めるため、もうちょっと他のキャラクターも操作したかったという感想も聞かれました。コアな原作ファンにとっては「誰が入っていて誰が入っていない」などの強いこだわりがあり、とくに掲示板などで賛否諸々が沸き起こっている状況です(とりわけCP9の人気が高かったです)。

<前作ファンからの評価>
前作(ワンピース無双PS3版)を経験したユーザーからは、全体の完成度は向上しているもののゲームの設計に自体に大きな変化がなく、驚きが少なかったとコメントも出ています。

「ワンピース海賊無双2」ゲーム紹介動画

◆「ワンピース海賊無双2」第三弾PV

バンダイナムコエンターテインメント (メーカー公式youtubeアカウント)による、2013/3/5に公開されたプロモーション映像です。ワンピースキャラクターたちの技や能力がかなり再現され、ファンの方は気分が高揚するのではないでしょうか。すべてのキャラクターでトライしてみたくなります。

youtubeサイト: https://youtu.be/pYg-AqbRo7k

◆プレイ動画

youtubeアカウント Jesse MacKenna さんによる、「One Piece 海賊無双2 Stage 1 Skypiea Arc ★Play PS Vita ワンピース Kaizoku Musou 2」というタイトルのプレイ動画です。パイレーツログモードのスタートからのプレイとなります。

youtubeサイト: https://youtu.be/eJtnOX-lW4Q

編集部後記、こぼれ話

ワンピースを題材にしたPSVitaのソフトは、本作のほかに続編の「ワンピース 海賊無双3/2015」、アクションアドベンチャーの「ワンピース アンリミテッドワールド R/2013」、対戦アクションの「ONE PIECE BURNING BLOOD/2016」がそれぞれバンダイナムコより発売されています。

要するにどんなゲームか

ワンピースのキャラクターが次々に敵を倒すアクションゲームです。オリジナルシナリオで、キャラは新世界バージョンです。

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメント

コメントを残す

*