【紹介と評価】戦国無双4(PSVita)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戦国無双4

「戦国無双4」とは、コーエーテクモゲームスより2014年に発売されたアクションゲームソフトで、本頁ではPSVita版についてのゲーム紹介と評価を行います。PSVitaにおける戦国無双シリーズは、派生作品を含めて2016年6月時点で3作リリースされており、戦国無双4はその1作目となります。

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲームです。プレイヤーは任意に選択した2人の戦国武将を操作して戦場を駆け巡り、勝利条件の達成を目指します。「一騎当千の爽快感」という無双シリーズのキャッチコピーの名の通り、数百、数千の敵兵を跳ね返しながら相手本陣に乗り込み、プレイヤー自らが敵大将を討ち取ることも可能です。

「戦国無双4」の主なゲーム内容

戦国無双4 PSVita

画像引用:戦国無双4 PSVita公式サイトhttps://www.gamecity.ne.jp/sengoku4/index.html

3つのゲームモード

戦国無双4は、「無双演武」「模擬演武」「流浪演武」という主に3つのゲームモードで構成されています。

無双演武」の“地方編”は、地方ごとに用意された戦国時代のストーリーを楽しむモードで、織田、徳川、武田、上杉、東北、関東、近畿、中国、四国、九州という各勢力・地域ごとに複数用意されたステージのクリアを目指します。特定の地方をクリアすることで“天下統一編”が解放されます。

模擬演武」とは、好きなキャラクターと戦場を選択して合戦を行うフリーモードとなります。初期状態で選べる武将(キャラクター)数は少なく、このモードを遊びつくすためには他のモードのクリア条件を満たす必要があり、武将がアンロックされることで使用可能となります。

流浪演武」では、オリジナルの新武将を作成し、プレイヤーが日本地図を移動しながら各地で用意されたクエストをクリアするモードです。自分だけの戦国史を紡ぐことが出来、ここでしか入手できないレアアイテムなども存在します。

登場武将数

プレイヤーが操作可能な武将(無双武将)数は50人超え。織田信長や本多忠勝、真田幸村などのシリーズお馴染みのキャラクターをはじめ、藤堂高虎、井伊直虎、柳生宗矩などが戦国無双4で初登場します。無双武将一覧は攻略サイトで詳述されていましたので気になる方はご確認ください。→武将列伝(無双武将)戦国無双4 Wiki*/外部リンク

操作キャラ切り替えシステム

戦国無双4では、操作するメイン武将のほかに共闘する「パートナー武将」を選択し、戦場に向かいます。2人の武将はリアルタイムで切り替えることが出来、操作していない一方のキャラクターに対して方針(待機、目標武将の援護、目標武将の討伐、自分に随行)を設定することも可能です。

戦国無双4

基本情報 「戦国無双4」
◇ 公式サイト : https://www.gamecity.ne.jp/sengoku4/index.html
◇ メーカー : コーエーテクモゲームス
◇ ジャンル : RPG CERO:B(12才以上対象)
◇ 発売日 : 2014年3月20日
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する
戦国無双4の画像を検索する

戦国無双4(PSVita)のユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初に「戦国無双4」の高評価を集約します。

<ゲーム全般の評価>
戦国時代の戦場を自由に駆け回るアクションゲームで、敵をバタバタとなぎ倒すことが爽快なゲームです。携帯機として心配なグラフィックの面に関しても、処理落ちがなく、据え置き機と比較して遜色がないほど画質も綺麗です。そのため無双ゲームの醍醐味である「敵がワラワラ出てくる」演出がハイレベルで可能となり、1000人斬りはおろか、2000人斬りも達成できます。シリーズ最高作という評価も出ています。

<アクション操作>
通常攻撃、チャージ攻撃、特殊技、神速攻撃という4つのアクションタイプは、それぞれ使用頻度に応じて熟練度が上がる仕様となっています。とくに今作で採用された「神速」は周囲の敵をまとめて倒せるほか、移動速度が増して戦場をより速く移動できるなどのメリットがありその爽快さを好感する声が聞かれました。

<パートナー切替>
2人の武将を戦場に送り込むことで、ソロでもマルチプレイの雰囲気を味わうことが出来ます。広い戦場をミッションに従って行ったり来たりすることが億劫になりがちですが、予め移動を命じたパートナーと切替えることによって無駄な移動が減りストレスから解放された、という感想も聞かれました。

<作品の世界観>
プロモーション映像では若干ギャルゲー的な雰囲気があり心配していたが本編ストーリーではしっかりと史実に沿って作り込まれていた、という意見が印象的でしたので合わせて記載します。

販売店サイトのレビュー点数も高く、PS3版とPSVita版の両方を購入したというユーザーもいるようです。当たり外れは個人の感想ですので一概にいえませんが、シリーズの中でも今作はとくに「買い」だとする声が多数聞かれています。

賛否が分かれる評価要素

以下、「戦国無双4」の賛否が分かれた評価を集約します。

<難易度>
神速の爽快感に関して高評価項目で記載したところですが、この神速の性能が高いため、過去作と比較しイージーになったとの感想が聞かれました。高難易度をやり応えと感じるユーザーがいる反面、途中で諦める人もいますので難易度に関しては評価が分かれます。ただ今作に関しては、最高難易度でも最高武器を作り込まなくてもクリアが出来たとする報告もあり、比較的初心者にも入り易いゲームではあるようです。

<バグ>
ネット上の古い書き込みで、流浪演武においてバグの報告が出ています。これに関してはアップデートにより現在は解消しているとのことでした。

「戦国無双4」ゲーム紹介動画

◆『戦国無双4』 プロモーションムービー第2弾

コーエーテクモChannel (メーカー公式youtubeアカウント)による、2014/1/22に公開された映像です。プロモーションムービーが複数公開されている中で、第2弾のほうでシステム面の概要がまとめられていましたのでこちらをリンクします。

youtubeサイト: https://youtu.be/5wKltYwjc7A

◆プレイ動画

youtubeアカウント トラがごとく! 実況ch さんによる、「☆01 戦国無双4を優しく実況プレイ_武田・川中島の戦い」というプレイ動画です。無双演武モードを武田勢力で開始されています。

youtubeサイト: https://youtu.be/Z-PnFrR0GNg?list=PLqlZtJqQFcvDJVwIWbQpRhJ3Z7pkRTGyt

 

次に、youtubeアカウント Channel Maflo さんによる「戦国無双4×流浪演武×実況 その1」というプレイ動画です。気になる流浪演武モードを実況されています。

youtubeサイト: https://youtu.be/aeMdxnt36cE

編集部後記、こぼれ話

戦国無双4(本作)の発売以降、PSVitaとしては戦国無双4-II、戦国無双4 Empiresがそれぞれ翌2015年にリリースされました。位置づけとしては、4-IIでは勢力ごとの無双演武が武将ごとに変更され流浪演武が廃止となり(戦国無双4無印のマイナーチェンジ版)、4Empiresでは、国獲り合戦の、信長の野望にアクションが加わったイメージのゲームとなります。

戦国無双10thを記念して制作されたゲームです。ゲーム機の進化も伴って、あんなことが出来ないかなと空想することが全部盛り込まれている印象です。

要するにどんなゲームか

戦国の合戦場を動き回ってバンバン敵を倒すアクションゲームです。アイテムも豊富。

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメントを残す

*