【紹介と評価】ワンピース アンリミテッドクルーズスペシャル(3DS)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワンピース アンリミテッドクルーズスペシャル

「ワンピース アンリミテッドクルーズスペシャル」とは、2011年にバンダイナムコゲームスよりリリースされたニンテンドー3DS用ゲームソフトです。週刊少年ジャンプで連載される「ワンピース」を題材としたアクション・アドベンチャーゲームで、ルフィたち登場人物が島々を探索し、アクションや宝探しを行います。これより先だって発売されたWii版ワンピース アンリミテッドクルーズエピソード1(2008)、エピソード2(2009)の2本分が収録されています。

アンリミテッドクルーズスペシャルってどんなゲーム?

ワンピース アンリミテッドクルーズスペシャル

画像引用:ワンピース アンリミテッドクルーズスペシャル公式サイトhttp://www.bandaigames.channel.or.jp/list/3ds_onepiece/

ゲームの構成

●アンリミテッドクルーズは、原作のストーリーを追体験するのではなく、ワンピースのキャラクター、舞台背景を元にしたゲームオリジナルのストーリー進行で構成されます(登場人物たちの設定はマリンフォート編以前の内容)。

●サニー号に乗ったルフィたち一行=プレイヤーは、古代文明の宝が眠るという突如出現した島々に上陸し、自由に探索を行いながら待ち構える敵の脅威と対峙します。

●アクション操作はまず「キャラクターセレクト」をタッチしてプレイヤーキャラクターを選択。スライドパッドで移動、B=ジャンプ、A=弱攻撃、X=SPゲージを使用した強攻撃、L+AまたがL+Xで必殺技と、シンプルな設計です。虫取り網、ツルハシ、掃除機、釣竿を利用して手に入れた素材は船に持ち帰って合成し、回復や攻撃に役立つアイテムを精製することが出来ます。

登場人物

●プレイアブルキャラクターは麦わら海賊団のメンバーたち(ルフィ、ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジ、チョッパー、ロビン、フランキー、ブルック)。それに加え、原作者である尾田栄一郎氏がゲームのために書き下ろしたオリジナルキャラクターの「ガブリ」が本作で登場します。

●ボスとして登場するのは、バギー、クロ、アーロンをはじめとした初期キャラクターから、くま、赤犬、青雉、黄猿、ドフラミンゴ、エース、白ひげなど原作に登場する強力なライバルたちまで百花繚乱。

ネタバレを避けるため全てを記載しませんが、気になる方はウィキペディア(外部リンク)でご確認ください→「ONE PIECE アンリミテッドクルーズ 4キャラクター 4.3ボスキャラクター」

ワンピース アンリミテッドクルーズスペシャル

基本情報 「ワンピース アンリミテッドクルーズスペシャル」3DS
◇ 公式サイト : http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/3ds_onepiece/
◇ 発売元 : バンダイナムコゲームス
◇ ジャンル : アクションアドベンチャーゲーム
◇ 発売日 : 2011年5月26日
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する
ワンピース アンリミテッドクルーズSPの画像を検索する

ワンピース アンリミテッドクルーズSPのユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初に「ワンピース アンリミテッドクルーズスペシャル」の高評価を集約します。

<ゲーム全般の評価>
アンリミテッドクルーズは、ワンピースのアクションRPG的なゲームです(公式にはアクションアドベンチャー)。当サイトレビュアーは基本がワンピースファンですので、ワンピースキャラクターをマップ上で動かせるというだけでも総じて高評価でした。ワンピースらしい笑いあり、感動あり、狩りゲームのような素材収集の要素もあり、こつこつとキャラクター強化に勤しむゲームが好きな方にはとくに向いているかと思われます。
グラフィック、ロード時間等の処理面も問題ありません。なによりWii版のソフト2本分のボリュームは圧巻で、さらにマリンフォート頂上決戦がおまけで付いてきます。マリンフォートモードでは麦わら一味以外のキャラクターも操作可能です。

<サバイバル編の評価>
本編とは別に、勝ち抜きバトルだけを楽しむ「サバイバルモード」が収録されています。一味以外の海軍、七武海、白ヒゲ海賊団、ビビやボンクレー、イワンコフ、キッドなど多数のキャラクターを操作できる点が魅力で、ファンに嬉しい要素となります。

賛否が分かれる評価要素

以下、「ワンピース アンリミテッドクルーズスペシャル」(3DS版)の賛否が分かれた項目を集約します。

<育成ゲームとしての評価>
前述のように、こつこつとアイテムを集めたりキャラクターの強化を行うゲームですので、育成が苦手な人やキャラクターにあまり愛着がないユーザーには煩わしく感じられた部分もあったようです。
また一味9人のキャラクターのステータスをストーリーモード上で最大値まで上げようとすると周回が必須。そのため開始時点では雑魚敵に苦戦したり、原作のように初期から必殺技をどんどん発動して敵を蹴散らすことが出来ないという「ゲーム的な事情」に賛否の意見が聞かれました(好きだからこそ、もっとこうしたほうが良い等の意見など)。

→なお、無双感を味わえるワンピースゲームとしては、同じくバンダイナムコよりワンピース 海賊無双2(PSVita版)が発売されており、そちらと棲み分けがなされています。

ワンピース アンリミテッドクルーズスペシャルのゲーム紹介動画

◆プレイ動画

youtubeアカウント N 西沼 さんが配信する、「【実況】海賊王に俺もなる! 第1話【ワンピースアンリミテッドクルーズep1】 」というタイトルの実況動画です。映像はWii版ですが、アンリミテッドクルーズのゲーム構成やアクションが伝わるのではないかと思います。麦わら一味のキャラクターを切り替えて様々なアクションを見せてくれるのも嬉しいポイントです。

youtubeサイト: https://youtu.be/WKUvUe9um1w

編集部後記、こぼれ話

ワンピースの冠がついたコンシューマーゲームが数ある中でも、アンリミテッドクルーズはとくにユーザー評価が高い作品のひとつです。漫画の世界に参加してみたいという願望はファンなら誰しもが思うところで、広大な世界を自由に行き来できる点が魅力です。

3DS機から発売されたワンピース関連のゲームは当作品(アンリミテッドクルーズスペシャル)のほかに、ワンピース ROMANCE DAWN 冒険の夜明け(RPG/2013)、ONE PIECE アンリミテッドワールド レッド(アクションアドベンチャー/2013)、ワンピース 超グランドバトル! X(対戦アクション/2014)、ONE PIECE 大海賊闘技場(対戦アクション/2016)がそれぞれバンダイナムコから2016年10月現在までにリリースされています。

要するにどんなゲームか

ワンピースの広大な世界を行き来する、宝探しアクションアドベンチャーです。

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメントを残す

*