【紹介と評価】熱血硬派くにおくん すぺしゃる(3DS)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
熱血硬派くにおくん すぺしゃる

「熱血硬派くにおくん すぺしゃる」とは、2011年にアークシステムワークスより発売されたニンテンドー3DS用ゲームソフトです。熱血高校に通う“くにおくん”が地域の悪者を退治するツッパリアクションシリーズの25周年に当たる作品で、1986年にアーケードゲームとしてリリースされた「熱血硬派くにおくん」の3DSリメイクとなります。

「熱血硬派くにおくん すぺしゃる」のゲーム内容

「80年代昭和」の雰囲気たっぷりのツッパリアクションゲームです。ゲームモードは下記の5種類。

ストーリーモード…くにおくんすぺしゃるのメインと言うべきモード。くにおくんが熱血高校に入学するシーンから始まり、原作では語られなかった人物背景などがふんだんに描かれています。アクションだけでなくRPG的な成長要素が含まれ、またお店で買い物をするなど昭和の雰囲気を堪能できます。ストーリーは、くにおがひろしを救うお馴染みの展開。

アーケードモード…アーケード版「熱血硬派くにおくん」のゲームモードです。操作感も当時のものが再現され、ストーリーモードのような成長要素はありません。

バトルロイヤル…ドッジボールをはじめとした、歴代くにおくんシリーズの25名におよぶキャラクターたちが集結。最大4人のバトルロイヤルアクションを行うモードです。カードひとつで友人と遊べます。

ミッションモード…くにおくんを操作して、全51で構成されるショートストーリーのミッションクリアを目指すモードです。達成することでバトルロイヤルで使用するキャラクターたちが解放されます。

タイマンバトル…すれ違い通信を利用したタイマンバトルモードです。メッセージ(選択式)入りの使用キャラクターが描かれた対戦カードを作成し、すれ違った相手と対戦します。

熱血硬派くにおくん すぺしゃる

基本情報 「熱血硬派くにおくん すぺしゃる」
◇ 公式サイト : http://www.kuniokun.jp/special/index.html
◇ メーカー : アークシステムワークス
◇ ジャンル : アクション
◇ 発売日 : 2011年12月15日
amazonでレビューを見る / 楽天で価格帯を調べる / googleで掲示板を検索する
「熱血硬派くにおくん すぺしゃる」の画像を検索する

ユーザー評価

作品の評価はスタッフの視点のみならず、有志の声や、ネット上の評判とも整合性をとりながら取りまとめを行っております。項目ごとに偏りなく網羅的に掲載するよう配慮を致しておりますが、作品によっては少人数で扱うため、別角度でのご意見や追加レビュー等がございましたら是非コメント欄にてお寄せください。また作品には当サイトの他に様々な評価があることにご留意ください。

ポジティブな評価

最初に、「熱血硬派くにおくんすぺしゃる」の高評価を集約します。

<ゲーム全般の評価>2.5等身のくにおくん達キャラクターが、素手や武器を手にバトルを行う横スクロール型の2Dアクションです。とくにファミコン・アーケード世代はノスタルジーを感じることと思います。殴る、蹴る、投げる等を2ボタンで行う簡単操作で、(アーケードモードを除き)キーコンフィグも充実していますので老若男女の誰でも手軽にアクションを楽しめます。ローカル通信を使用した対人戦はゲームカードひとつで遊ぶことができ、白熱必至です。

往年のシリーズキャラクターが集結するところも魅力です(参考外部リンク:熱血硬派くにおくん すぺしゃる – 登場人物/ウィキペディア

賛否が分かれる評価要素

以下、「熱血硬派くにおくん すぺしゃる」の賛否が分かれた項目を集約します。

<ストーリーモードの評価>くにおくんすぺしゃるの目玉とも言うべきモードで、アーケードモードのストーリーを「ダウンタウン熱血物語」(FC/1989)のRPG的ゲームシステムで遊べます。敵がドロップしたアイテムを売却し、食べ物や武器を購入してキャラクターを強化する内容で、昭和不良ドラマのようなクサイ台詞まわしも見どころのひとつです。
ゲーム内容そのものは高評価とされますが、一方でボリュームの少なさを不満とする声が多数聞かれています。アクションゲームはRPGやアドベンチャーゲーム等と比較して一般的にクリア時間が短いものですが、その上でも全4話というボリューム感に物足りなさを感じられた様相でした。

備考:続編を望む声が多く、「ダウンタウン熱血物語SP」の開発が進められ2016年に発売が予定されています。

「熱血硬派くにおくん すぺしゃる」紹介動画

◆「熱血硬派くにおくん すぺしゃる」PV第2弾公開!

youtubeアカウント arcsystemworks(メーカー公式チャンネル)が配信する2011/11/01公開のプロモーショントレーラーです。豊富なゲームモードの紹介が約2分半の映像で端的にまとめられています。

youtubeサイト : https://youtu.be/u5J7hbEL_VE

 

◆プレイ動画

youtubeアカウント Channel Maflo さんによる、「熱血硬派×くにおくん×すぺしゃる 実況」というタイトルのプレイ動画の“その1”です(ストーリーモードの映像です)。タイトル画面で流れるロカビリー調の音楽からいきなり“ツッパリ”の世界に引き込まれます。

youtubeサイト : https://youtu.be/_yPdgo7ZFP8

編集部後記、こぼれ話

本作(くにおくんすぺしゃる)のストーリーモードをさらに拡充したと考えられる「ダウンタウン熱血物語」の発売が2016年6月に予定されていましたが、延期になったと5/11に公式サイトにてプレスリリースされました(発売日は未定とのこと)。喧嘩アクションゲームの系譜としては、喧嘩番長や龍が如くシリーズなどに受け継がれ人気が高いジャンルのひとつですが、その元祖ともいうべき“くにおくん”シリーズへの期待は大きく、「一層のクオリティー向上のため」とアナウンスされている延期理由からもさらに待ち遠しく感じるファンの方は多いかと思います。

要するにどんなゲームか

80年代ツッパリアクションのリメイクです。RPG的なモードも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3DS、PSVitaの人気ソフト(直近の検索ランキングTOP20です)

コメントを残す

*